ダークホースは公式戦での優勝を目標に活動しているチームです。目指せ鎌倉制覇!

2011 対戦成績

2012年の対戦成績

2011年の対戦成績

2010年の対戦成績

平成23年鎌倉市民春季・秋季社会人軟式野球大会トーナメント表

すべての対戦結果をトーナメント表形式で作成しました。下記のリンクからPDFファイルを御覧ください。

平成23年鎌倉市民春季社会人軟式野球大会トーナメント表

平成23年鎌倉市民秋季社会人軟式野球大会トーナメント表

2011年

最新の戦績から順に表示してあります。試合戦評および、S1監督のコメントと課題がお読みいただけます。下記のリンクからそれぞれの試合結果を御覧ください。

VS 藤沢スティンガー@笛田球場(練習試合)

VS マークス@笛田球場(練習試合)

VS サムライ@中外製薬グラウンド(互い不戦勝の為練習試合)

春季大会二回戦 VS GENDAI@三菱グラウンド

VS 第二パパス@辻堂南部球場

VS TAMANAWAY・湘南 Dog Eye 連合@南部球場

VS ONE FLESH@笛田球場



2011/11/27 VS 藤沢スティンガー@笛田球場
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
藤沢スティンガー 1 0 0 0 0 0 0 0   1 2 1
KDH 0 1 0 0 0 0 0 0   1 4 2

★二塁打:[スティンガー]6番

戦評

本日は藤沢市の藤沢スティンガーさんとの練習試合。先攻藤沢スティンガー。 KDHは初回エラーも絡み先制点を許すも、その後安定した守りで後続を断つ。投げては先発須一(有)とリリーフ澤本(敢)でトータル9三振を奪い試合のリズムを掴む。 打っては2回、1アウトランナー無しから6番澤本(敢)が四球で出塁、7番柏木の三遊間を破るヒットで1アウト1・2塁のチャンスを作る。8番本多の打席でWスチールを試みるも2走澤本がタッチアウト。 2アウトランナー2塁で本多が四球で出塁し2アウト1・2塁。 9番須一(絢)の打席で2走柏木の単独スチールで捕手が三里へ悪送球。それにより2走柏木が生還し同点。 その後もヒットは出るもチャンスを作れず1ー1でドロー。

 

S1のボヤキ

藤沢スティンガーさん本日はありがとうございました! 市外のチームとの対戦は滅多に無かったので非常にいい経験となりました!! 今後とも末永いお付き合いを宜しくお願いいたします。 さて、ゲーム内容ですが・・・。この試合は全体的に打てなかったですね〜。 2回の攻撃を最後に3塁ベースに到達していない。 そんなに貧打ではないんですけど・・・。まぁ〜打線は水物ですからね。 今回の反省を活かし次戦ではきっちり打ち勝ちましょう!!

 

▲このページのトップに戻る。

2011/11/13 VS マークス@笛田球場
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
マークス 0 0 1 0 0 0 0 0   1 2 2
KDH 0 5 0 0 1 0 1 X   7 9 2

○勝利投手: 金沢(健) ●敗戦投手: -

★二塁打:[KDH]相川・小玉(大)

★三塁打:[KDH]西川(助っ人)

戦評

鎌倉市Bクラスの強豪!マークスさんとの練習試合。先行マークスさん。 本日の先発は期待のルーキー金沢(健)。立ち上がりが安定しており2回を三者凡退!3回にエラー絡みで1点を失うも後にも先にもチームの失点はこの1点のみ!!見事勝利投手となりました! Dark Horseは9人中3人がDog Eyeからの助っ人という厳しい状況でしたがみなさん大変よくやってくれました! 試合が動いたのは2回裏。1アウトから6番がセンター前ヒット、エラー、振り逃げ、エラーで1点を先制。尚も1アウト満塁で1番高橋の右中間へのタイムリーヒットで追加点続く相川のレフト前、小玉(大)の2ベースヒットでこの回一挙5得点。そのまま試合が流れて5回裏先頭の小玉(大)のヒットを皮切りに助っ人西川のタイムリー3ベース、7回も相川の2ベース、助っ人山田のタイムリーで追加点。 投手陣も金沢から小玉(大)榊原、須一と継投でリードを守りきった。

 

S1のボヤキ

マークスさん本日は秋季大会前に貴重な一戦をありがとうございました!! また、人数が揃わず助っ人ばかりですいません(^^;) 次回は純・Dark Horseで再戦をお願いいたします!!! 助っ人に来てくれた湘南Dog Eyeのみなさん!!いつもいつもありがとうございます♪ 今度はお互いのチームで試合したいですね! 1試合でも多く秋季大会を勝ち進んで期待に応えられるように頑張ろうと思います! 今後ともよろしくお願いいたします。

 

▲このページのトップに戻る。

2011/08/08 VSサムライ@中外製薬グラウンド
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サムライ 0 2 0 0 1 0 0     3 0 3
KDH 0 0 0 2 0 0 1     3 8 0

○勝利投手: 山本 ●敗戦投手: -

★二塁打:[KDH]小玉(大)

戦評

鎌倉市秋季社会人軟式野球大会。のハズだったがお互い不戦勝同士のため練習試合に。 先攻はサムライ。先発バッテリーは金沢(健)と高橋の急造バッテリーだった。 初回、二回と立ち上がりが悪く与四死球5と乱れ2失点。 Dark Horseは初回、先頭の高橋がセーフティーバントで出塁するも2番相川・3番小玉(大)の連続三振と高橋の盗塁失敗により3人で攻撃を終える。3回、1アウトから須一(絢)のセンター前ヒットが出るも後続が続かず。 4回、2アウトから3番小玉(大)の2ベースでチャンスを作ると4番埴原の遊ゴロでエラーを誘い2アウト1・3塁。 続く5番須一(有)のレフト前ヒットで1点、さらに6番小柴のセンター前で埴原が帰り同点。その時3類を狙った須一が3塁でタッチアウト。 サムライは5回に1点を勝ち越す。 そのまま試合は流れ最終回Dark Horseの攻撃。 1アウトランナー無しから須一(絢)のサードゴロをファーストが捕球し損ね1アウトランナー1塁。続く澤本(敦)が三振に倒れ2アウトランナー1塁。ここから1番高橋・2番相川の連続ヒットで2アウト満塁。 続く小玉(大)のファーストゴロをファーストがエラーし3走須一(絢)が還り同点。続く埴原がサードフライでゲームセット。

 

S1のボヤキ

試合期間が空いてしまった今回の試合。 しかし、この日が公式戦じゃなくて良かったなぁ〜。と思う試合でした。(笑) と言うのもKDH人数9人だったので不戦敗の危機でした・・・。 何といっても立ち上がりの四死球が響いた試合でした。ですがみんなよく持ちこたえられました!! さすがです!!! 次に当たる時は公式戦で負けられない試合です!全力で戦って駆け上がろう!!

 

▲このページのトップに戻る。

2011/04/10 VS GENDAI@三菱グラウンド
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
GDI 0 0 0 0 0 0 2     2 4 0
KDH 1 1 0 1 1 0 0     0 2 1

○勝利投手: 山本 ●敗戦投手: -

戦評

鎌倉市春季社会人軟式野球大会初戦。今大会はシードだった為2回戦からの参加となった。先攻はGENDAI。 先発バッテリーは小玉(大)と高橋の急造バッテリーだったが不運なラッキーヒットのみで危なげない立ち上がり。 攻撃の方は力みがあったのか相手先発の山本を打ちあぐね散発2安打と抑えられてしまい決定打が出せなかった。 両チーム投手が頑張り、テンポ良く試合が進みあっという間に最終回。 最終回GENDAIの先頭、吉川がライト前のポテンヒットで出塁し次打者広幡の送りバントで守備のリズムが合わずベースカバーが送れノーアウトランナー1・2塁。7番鈴木が三振し1アウト1・2塁。続く8番磯山の投手ゴロをサードへ送球し2アウト1・2塁。9番山本がセンター前ヒットを放つもセンター相川の好返球でランナー帰れず。 2アウト満塁で1番成澤に四球を与えてしまい先取点を許し次打者横山の打球をファースト山田が後逸し2点目。 その後小玉(大)がなんとか踏ん張るも打線が振るわず試合終了。 小玉(大)の力投に打線が応えられなかったのが悔やまれた。

 

S1のボヤキ

みなさん、春季大会お疲れ様でした。秋の結果が結果だけに正直、この春は悔しすぎて言葉になりません。 しかし、『社会人野球の現実』・難しいところと言うのも目の当たりにし良い勉強になったなと思います。 助けてくれた4人の友人!ありがとう!! 今のこのチームをなんとか立て直して秋の大会でリベンジできるように頑張りましょう! Dark Horseのみんな! 負けて腐るのは簡単です。大切なのは負けてからどうするか?です。目標を失いチームがバラバラになりかけていますがこの現実を受け入れて、チームが崩壊しないように全員で一丸となり秋リベンジしよう!! この悔しい気持ちを秋にぶつけよう!! 我々にはシーガルスさんが貸してくれているグラウンドもある! 我々Dark Horseに協力してくれているチームの方々に良い報告が出来るようにみんなで精一杯頑張ろう!!

 

▲このページのトップに戻る。

2011/02/20 VS 第二パパス@辻堂南部球場
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
PPS 0 0 0 0 0 0 0     0 1 4
KDH 1 1 0 1 1 0 X     4 3 1

○勝利投手: 須一 ●敗戦投手: -

戦評

今日の相手は昨年大会前に貴重な一戦を組んでくれた第二パパスさん。 わざわざ藤沢まで来ていただいての交流戦。 初回、1番高橋がセンター前で出塁すると、すかさず盗塁。その後ランナーとしてプレッシャーをかけているとキャッチャーが2塁へ送球。その送球をショートが後逸している間にノーアウト3塁。 続く2番森のファーストゴロの間に高橋が還り1点先制。 2回、1アウトランナー無しから、8番澤本(敢)がショートエラーの間に出塁し二盗・三盗・パスボールの間に2点目。 4回、2アウトランナー無しから8番澤本(敢)が四球で出塁。盗塁して2アウトランナー2塁。その後9番小玉(昇)がエンドランを成功させてライト前ヒット。その間に2塁から生還し3点目。 5回、エラー絡みで小玉(大)が出塁し盗塁、サードゴロの間にホームイン。 守備では相手打線を1安打で抑える継投。 大きなミスもなく危なげない守備で守り勝つことが出来た。

 

S1のボヤキ

第二パパスさんは昨年からお世話になっている、鎌倉市Cクラスの強豪チーム! 試合もテンポ良く進んでいたので7回まで行うことが出来ました!! 反省点としては、チーム打率が低いこと・・・。 うちはあまり強打のイメージがないので、今後は大振りせずコンパクトな打撃でつなぐ野球を目指したいと思います。 反省を踏まえて春季大会へ向け頑張っていきましょう!! 第二パパスさん!遠いところお越しいただきありがとうございました!! 今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いします!!

 

▲このページのトップに戻る。

2011/02/06 VS TAMANAWAY・湘南Dog Eye 連合@南部球場
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
KDH 1 0 0 1 0 0 3     5 5 0
TNW・DE 4 0 0 0 0 0 2X     6 6 0

○勝利投手: - ●敗戦投手: -

★本塁打:[TNW]今

★二塁打:[KDH]金沢

戦評

急遽入った試合。たまたま我々の前に試合をしていたTAMANAWAYとDogEyeの両軍が合同チームとして試合をしてくれました!先攻Dark Horse。初回、2アウトランナー無しで3番小玉(大)が内野安打で出塁。盗塁、牽制悪送球で2アウト3塁、4番埴原のセンター前で先制。1回裏、先発須一が崩れる。先頭をヒットで出塁させると計3四球と荒れ、リズムを掴めず・・・。エラーも絡みこの回打者一巡で4失点。 4回、先頭の金沢、ライトオーバーの2ベースヒットでノーアウト2塁のチャンス。続く小柴の送りバントで1アウト3塁。7番須一の所で代打、森を送るもセカンドゴロ。しかしその間に3走金沢が生還し2点目。 4回から小玉(大)がマウンドへ。計3イニングを投げ1安打5奪三振の好投。 これでリズムを掴み最終回。9番金沢(弟)が四球で出塁し盗塁、パスボールでノーアウト3塁。続く1番木村も四球、盗塁でノーアウト2・3塁。この好機で2番高橋がセンターライナーで1アウト2・3塁。続く3番小玉(大)のセカンドゴロの間に3走金沢(弟)が生還。その時、打者走者の小玉(大)が2塁へ走りキャッチャーがセカンドへ送球している間に2走木村が生還するも、小玉(大)がタッチアウトで2アウトランナー無し。 ここで4番埴原がショートのエラーで出塁し盗塁。2アウトランナー2塁で5番金沢のライト前で逆転。 最終回ストッパーとして澤本(敢)がマウンドへ行くも初球を今に捕らえられソロホームランで振り出しに。 その後四球エラーが絡みノーアウト1・2塁で右中間へサヨナラ打を浴び試合終了。

 

S1のボヤキ

え〜・・・。みなさん、すいませんでしたm(_ _)m初回に崩れたのが敗因です・・・。やっぱり野球は初回だね! 今日の結果を踏まえ今後に繋がるようにしっかり練習したいと思います。 攻撃に関しては収穫ありです!特に『若さ溢れる機動力!』を使った野球をテーマに今季スタートした訳ですが、まずまずだったのではないでしょうか?今後もしっかり走り『1つでも先の塁を盗る』スタイルで頑張っていきましょう! みなさん!ホントすいませんでした!! 最後に、TAMANAWAY・湘南Dog Eyeのみなさん!ありがとうございました!また試合しましょうね♪

 

▲このページのトップに戻る。

2011/01/16 VS ONE FLESH@笛田球場
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
KDH 0 0 0 0 0 0 0     0 2 0
OF 0 0 0 0 0 0 0     0 5 1

○勝利投手: - ●敗戦投手: -

戦評

今年の最初の試合。今日の相手は昨年からお世話になっているBクラスの強豪!ONE FLESHさん。先攻Dark Horse。 初回、2番高橋が内野安打で出塁すると、すかさず盗塁。その後畳み掛けるように3盗。キャッチャー悪送球の間に3進するも、後続が倒れ無得点。 3回、先頭澤本が四球で出塁し盗塁でノーアウト2塁。9番小玉のファーストゴロの間に3進し1アウト3塁のチャンスも、後続が倒れ無得点。 この回以降、2塁も踏めず、完全に抑え込まれる。 守備では3投手計5安打されるも耐え凌ぎDark Horseも無失点。 開幕戦からノーエラーと守備の仕上がりが良かったが打線の強化が今後の課題となった。

 

S1のボヤキ

ONE FLESHさんは今季からエース復活!!と言うことで初お目見えでしたが、やはり健在でした!! 我々Dark Horseはわずか2安打と完全に抑えられてしまいました。 試合は両軍0−0の引き分け。 打線を強化し得点力を挙げられるように頑張りましょう!

 

▲このページのトップに戻る。