ダークホースは公式戦での優勝を目標に活動しているチームです。目指せ鎌倉制覇!

2012 対戦成績

2011年の対戦成績

2010年の対戦成績

2012年

最新の戦績から順に表示してあります。試合戦評および、S1監督のコメントと課題がお読みいただけます。下記のリンクからそれぞれの試合結果を御覧ください。

春季大会二回戦 VS サムライ@三菱グラウンド

春季大会一回戦 VS りふ@笛田球場

VS 藤沢スティンガー@笛田球場(練習試合)



2012/04/08 VS サムライ@三菱グラウンド
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
KDH 2 0 0 3 0 2       9 9 3
サムライ 0 0 0 1 3 0       1 3 2

○勝利投手: 須一(有)(3勝0敗) ●敗戦投手: -

★二塁打:[KDH] 相川

★三塁打:[KDH] 高橋

★本塁打:[サムライ] 勝田(二本)

戦評

鎌倉市春季社会人軟式野球大会2回戦。対サムライ。先攻鎌倉Dark Horse この試合は初回からゲームの主導権を握る。先頭、高橋のライトへのヒット、盗塁でノーアウト2塁。続く相川が投手ゴロで1アウト2塁。3番小玉(大)のショートゴロがエラーを誘い1・3塁のチャンス。ここで小玉(大)のスチールで2・3塁とチャンスを広げて4番埴原のレフトへの犠牲フライで3走高橋が生還し先制。続く金沢の奇跡的なファーストゴロで小玉(大)も生還しこの回2点先制。4回には先頭本多がセカンドのエラーで出塁し代打柏木・金沢(健)と連続死球で満塁。9番須一有が三振に倒れ1アウト満塁で高橋のセンターオーバーのタイムリー3ベースで3得点。 6回にはエラーで出塁した柏木が2盗。続く8番9番連続三振で2アウト2塁。1番高橋のセカンドゴロがエラーを誘い2アウト1・3塁。1走高橋のスチールの間に3走柏木が生還し追加点。なおも2アウト2塁から2走高橋の盗塁、2番相川のレフトオーバーのタイムリー2ベースでこの回2点。 先発須一有は6回1/3を投げ4安打4奪三振2四死球と病み上がりで本調子ではなかったがそれなりの内容。しかし、サムライの3番勝田に4回にソロ・5回にスリーランを浴びる。

 

S1のボヤキ

二回戦突破ですね!今日の試合はみんなに助けられました。今日は欲しいところで得点できて試合の主導権を常に握っていられました。またチーム合計8盗塁と持ち前の走力を活かしたうちらしい攻めが出来たのではないかと思います。 しかし私、二打席連続ホームランを打たれたのは人生初です(笑)。しかし打ったサムライの勝田さん。お見事でした!是非ともリベンジさせていただきたいです。何はともあれ野球はチームプレー。みんながいてくれたおかげで二本塁打されても勝つことが出来ました!次の試合も一戦必笑!! 明るく楽しく元気良く!そしてマナー良く!しまっていきましょう!

 

▲このページのトップに戻る。

2012/03/25 VS りふ@笛田球場
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
KDH 0 0 0 0 6 3       9 9 3
りふ 1 0 0 0 0 0       1 3 2

○勝利投手: 須一(有)(2勝0敗) ●敗戦投手: -

★二塁打:[KDH] 高橋・小玉(大)・柏木

★三塁打:[KDH] 相川・本多

戦評

鎌倉市春季社会人軟式野球大会初戦。先攻鎌倉Dark Horse。 1回裏りふの先頭バッターをファーストフライで打ち取るもファースト落球で出塁。その後牽制悪送球でノーアウトランナー2塁。続く2番のショートゴロもエラーとなり初回3エラーとらしくない展開でノーアウト1・3塁のピンチを招き、一塁ランナーへの牽制→狭殺プレーの間に一点を先制される。 その後両軍共に4回まで無得点。均衡を破ったのは5回。この回先頭の金沢(大)が四球を選ぶと代打柏木のセンターオーバーのタイムリー2ベースで同点、打った柏木は果敢に3塁を狙うもタッチアウト。 1アウトランナー無しから7番本多の3ベース、8番小柴のサードゴロでエラーを誘い2点目。9番金沢(健)のレフト前、1番高橋の野選、2番相川のタイムリー3ベースで中継が乱れた間に相川が生還。3番小玉(大)のライトオーバーの2ベースとこの回一挙6得点。続く6回にも先頭金沢の四球、5回から出場している7番小玉(昇)がレフト前へタイムリー・8番澤本(喬)のライト前でチャンスを広げると1番高橋のライト線への2ベースでこの回3得点。一打出た後からチームが勢いづき試合を決めた。

 

S1のボヤキ

この試合はなんと言っても初回が全てでした。 春初戦と言うこともあり全員緊張のせいか思い通りのプレーが出来ていなかったように感じますね。 そして、先手を取り続けようと試合前に話していたのにいざ試合が始まると常に後手・・・。やはり公式戦。 普段には無い独特の緊張感があるのでうまくメンタルコントロールして次につなげたいと思います! 一戦終えて少しは落ち着いたかな? 次の試合も1つ1つのプレーを大切に、一戦必笑!で楽しみながら頑張りましょう! 明るく楽しく元気良く!そしてマナー良く!!しまっていこう!!!!

 

▲このページのトップに戻る。

2012/01/15 VS 藤沢スティンガー@笛田球場
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
KDH 1 4 0 0 1 3       9 10 2
藤沢スティンガー 0 0 1 0 1 0       2 4 1

○勝利投手: 須一(有) ●敗戦投手: -

戦評

今年最初の試合は去年最後に対戦していただいた藤沢スティンガーさん。先攻KDH。 KDHは初回、先頭高橋が死球で出塁後2番本多の投手ゴロの間に3塁へ到達する好走塁を見せる。続く3番小玉(大)のサード内野安打の間に3走高橋が生還し先制。続く2回の表はビッグイニング。 1アウトランナー無しから9番金沢(健)が四球で出塁し1番高橋の右中間へのヒットで1アウト1・2塁。続く本多が三振し2アウト1・2塁。3番小玉(大)のレフト前ヒットで満塁とし4番埴原が四球を選び2点目。5番柏木・6番須一有の連続タイムリーでこの回一挙4点。 その後5回に1点、6回には相手投手の乱れもあり3点を奪う。 守りのリズムは良かったが先発須一有が4回1安打自責点0 、2奪三振ではあったが4四死球とピリッとしなかった。 5回からマウンドに上がった金沢(健)は先頭を四球で歩かせパスボールや狭殺プレーのミスで1点を失うも9番2・3番を三振に取り自責点1でクローザーの小玉(昇)へ。 小玉(昇)は先頭の4番をエラーで出塁させるが後続の5番を三振、6番にはヒットを許すも埴原が盗塁を阻止し2アウト。 最後の打者を三振に取りゲームセット。

 

S1のボヤキ

藤沢スティンガーさん本日はありがとうございました!本年も引き続きお付き合いの程、宜しくお願いいたします!! また今回のオープン戦はチームとして今年初の活動だったこともあり全体的に動きにキレが無かったのかな?と感じました。(冬で寒かったですしね・・・)そして藤沢スティンガーさんとは昨年末の試合で引き分けだったのでリベンジに燃えていました(笑)!!なんとか白星スタートが切れてよかったです!各チーム代表の皆様。 今年度も若いチームではありますが鎌倉Dark Horseを宜しくお願いいたします! 今年も一年、鎌倉制覇に向け一戦必勝!しまっていこう!!!

 

▲このページのトップに戻る。